Leftimage Leftimage Leftimage

イラク女性殺害に見る憎悪犯罪

 3月21日カリフォルニア州で、イラク移民の女性が自宅で頭部を殴られ3日後に死亡。現場には「自分の国に帰れ。テロリスト」というメモが残されていた。憎悪犯罪(ヘイト・クライム)という点で、フロリダで起こった黒人少年殺害事件との類似性が指摘され、ネット上でも怒りとともに人種間の寛容さを求めるメッセージが飛びかっている。

 NYタイムズなどによると、事件はサンディエゴ郡エル・カホンで起きた。エル・カホンは、約6万の中近東からの移民・難民が住み、米国最大のイラク・コミュニテイーがある。被害者のシャイマ・アルアワデイさんは、シーア派難民として90年半ば家族と米国にやってきた。

 アルアワデイさんは5人の子供の母親。米国籍をもつ。夫と兄弟は米陸軍で働き、中近東にも派遣されている。

 事件時に残されたような脅迫メモは、その1週間前にも玄関ドアに貼付けられていた。夫は警察に通報を考えたが、アルアワデイさんは子供のいたずらと取り合わなかったという。現在事件は捜査中であり、警察はヘイト・クライムとはまだ断定できないとしている。

 フロリダでの黒人少年殺害事件が大きな波紋を広げている中での、カリフォルニアでの事件。黒人少年殺害事件は、全米で市民を「パーカ・デモ」にかりたてた。事件当時少年はパーカを着ていた。パーカは若者に人気があり、アウトドアーでもよく着用されている。しかし、今回高級住宅地でのパーカ姿は「不審者」と思わせる要因となったのではとも考えられているゆえ、「パーカを着れば不審者か」と抗議の意味をこめ市民はパーカを着てデモに参加した。

 一方、アルアワデイさんは、イスラム女性が身につけるスカーフのヒジャーブを常に着ていた。隣人たちは、ヒジャーブ着用が襲撃のターゲットになるのではと心配していたという。

 ネット上でも二つの事件への怒りや抗議の声は高く、フェースブックでは、「百万ヒジャーブ」ページが立ち上げられ、ツイッターでは「ようこそ、米国へ。パーカやヒジャーブ着用で不審と見なされ殺されるよ」というツイートも見られる。二つの事件に抗議した「パーカとヒジャーブ」デモも各地で行われている。

 ここでは、市民の多くは人種に寛容な態度をとっている。このような事件は極端な例であろう。しかし、表向きは多様性が重んじられるとはいうものの、人種・肌の色・宗教による差別は根深く、差別感情を許容する土壌もまだ社会にはある。

 昨年10月、アリゾナ州都フェニックスの「99%運動」集会で、あるイラク女性と話す機会があった。彼女はヒジャーブを常に着用しているので、外出時嫌がらせをよく受け、その日も集会に来る途中、ある白人男性からつばを吐かれたと話した。

 

 

マクレーン 末子

ブロッガー。2000年に渡米、現在アリゾナ州に在住・・・続きを読む

2 responses to “イラク女性殺害に見る憎悪犯罪”

  1. hatehei666

     どうも最近の米国のニュースサイトを見てみても、相変わらず人種差別の記事が多いようですね。建国以来全然変っていない感じがします。
     共和党の大統領候補者がオバマ大統領を攻撃する時も、そういう意識が言葉にぽろっと出てしまうようです。
     もしオバマが負けると、日本なども相当な影響が出るだろうと危惧しています。

  2. masa

    私もhatehei666さんの言うように根が深そうですね。
    ちょっと陰謀論的にもなるのですが、ジョージア州のとあるところに誰かが来て世界統一の石碑が建ていったとか。内容は忘れましたが、ネットで写真も載っていた筈です。
    まあ、見え隠れするのは白人選民思想的なニュアンスですかね。
    しかもその白人の中でもごく限られた人種と階級。
    アメリカってイギリスから来たピューリタンがと思っていたら、そのピューリタンは実はオランダで数年間暮らしてからアメリカに渡ったんだよね。確かそのころのオランダはバブルの絶頂期だったかな?ユダヤ人が活躍して世界中から品物と人と思想が集まっていた時期だったような。ロシアのピョートル大帝も御忍びでオランダで船大工をしていて、世界情勢を肌で感じていて、それが東アジアへの拡大と繋がりがあるとかって寺島実郎が話していた。
    ある話ではイギリスもオランダの影響を多大に受けていると。東インド会社ってイギリスだけど、同じ様なことオランダからではなかったっけ?
    この東インド会社はちょっと調べるとかなり怪しいことやってるね。
    そのオランダはドイツフランスの影響を受けてと続くが。
    面白いことにブッシュはドイツ系、ヒラリーはオランダ系のアメリカ人ですよね?
    で、ここにもナチスとユダヤが絡んでくるようで。
    あまり妄想を書くと何がしかの被害を被りそうなので止めておく。

コメント  *は必須、メールアドレスは非公開です。