Leftimage Leftimage Leftimage

クリスマス、美容整形ギフトが人気

 不景気、高失業率とはいうものの、今年の米クリスマス商戦はなかなか好調だったようだ。しかし、売上が伸びれば、その分返品商品が増える。時間をかけて選び包装されたプレゼントだが、「趣味じゃない」と多くの人が返品・交換に走るからだ。そこで、そのような無駄な時間を避けるために、近年人気が高まっているのがギフト券。色々なギフト券が販売されているが、今年のホットなプレゼントは「若返り美容整形」だという。

 アメリカン・エキスプレスの調査では、62%の人がクリスマスプレゼント返品・交換を想定して、プレゼントにレシートを添えると回答。さらに56%の人はプレゼントが返品されても気にしないと言う。一方、レシートのついていない「気に入らない」プレゼントは、一般に始末に困りオークションやヤードセールに出されるようだ。

 このため昨今、ギフト券はより人気を集めている。スーパー・デパートのギフト券から、デイナー券、「銃トレーニングコース」といった体験コースギフト券など様々だ。その中でも今年「若返り美容整形ギフト券」が、メデイアで注目を集めた。

 米ABCテレビの番組「グッド・モーニング」では、カリフォルニア州のニューポート・ビーチの美容整形クリニックを取り上げている。最近彼と別れたというテイナ・フランクリンさん(41歳)が妹と登場。「目尻の皺がずっと気になっていた」フランクリンさんに、妹は「元気付けに」と650ドル(約52000円)の「ボトックス治療ギフト券」を贈った。フランクリンさんは、ずっと欲しかったプレゼントをもらって大喜びである。

 同美容整形クリニックでは、「このボトックス治療は今年のクリスマスギフトNO.1」という。ボトックス治療は、食中毒 を起こす細菌の一つ、ボツリヌス毒素から抽出した成分を目尻・眉間・口元など皺が気になる部分に注射する美容法。メスを使わないので人気が高い。しかし、ボトックス注射の効果は約4か月間しか持続せず、張りを保つには繰り返し注射を受ける必要がある。

 同番組内で医師は、「ボトックス注射は、200ドル程度からできる」と言う。「あと、クリスマスシーズンで人気が高いのは、脂肪吸引や豊胸手術」と話す。脂肪吸引・豊胸・皺改善すべて含めた「若返り変身コース」なら7000ドル(約56万円)から15000ドル(約120万円)。ウエブサイトによると、この若返りコースは5時間かかり、1晩クリニックにいなければならない。

 「美容整形ギフトはショッピングモールでは売っていない。もらったら誰でも嬉しい」と、クリニック側は宣伝する。ギフト券はパンフレットとともに送られ、どの治療を受けたいか決めることができる。女性だけでなく、皺改善にはボトックス男性版「ブロトックス」も好評。若返り美容整形は、恋人・夫婦間、または子供から両親への素晴らしいギフトという。

 米美容整形協会によると、このような美容目的の治療は10年前に比べ81%増加している。2010年だけで、米国人は100億ドル(約8千億円)美容整形に費やしているという。

 この数字を見る限り、高額ではあるが美容整形ギフトは一時的な流行ではなく、今後もギフトリストに定着しそうである。

マクレーン 末子

ブロッガー。2000年に渡米、現在アリゾナ州に在住・・・続きを読む

2 responses to “クリスマス、美容整形ギフトが人気”

  1. hatehei666

     この大不況なのに、米国では相変わらず消費性向が強いのですね。タイム誌電子版の12月26日の記事にLet the After-Christmas Sales Begin! December 26 Expected to Be Huge Day for Retailersというのがあって、今年の12月26日はモンスター・ショッピング・デイと出ていましたが、実際にはどうだったのでしょうか。
     日本でもアンチ・エイジングという考え方を持っている人々は多く、朝日新聞でも取り上げていました。でも東工大の本川達雄教授が生殖年齢を過ぎた人々は美容整形で若返りという事より、早くリタイアして、次の世代にバトンタッチする義務があるなどと言っていました。

コメント  *は必須、メールアドレスは非公開です。